お香体験講座Incense Workshop

初めてでもできる「手作りお香講座」

香源銀座本店では2Fのスペースで、手作りお香講座を開催しております。
お香コンシュルジュが一人ずつに丁寧に指導しますので、初心者の方でも安心です。
素材や作るお香の種類は選んでいただけるため、何度でもお楽しみいただけます。
お越しになるときは是非、ここでしかできない、自分だけの「香り」作りを体験してください。

匂い袋

匂い袋の歴史は古く、奈良時代からあったといわれています。奈良時代の歴史人物で外せないのが遣唐使の鑑真和上です。鑑真和上は授戒、建築、薬草など、それまでの日本になかった多くのものをもたらし、その中に香原料があったとされています。また、鑑真和上は薬草や香原料を調合し、単体よりもより効能の高い薬を作ったそうです。合香術がもたらされたことで、単体で使われていたお香はいくつもの香りを合わせて仏前で薫かれるようになりました。そして、この時代に魔除け・厄除け、防虫など実用的な目的でもお香が使われるようになっていきます。それを物語るように、当時建立された奈良・東大寺の正倉院には日本最古の香袋(匂い袋)が収蔵されています。

匂い袋はお香の種類としては「匂い香」と言われ、香料や漢方薬を布や紙でできた袋に入れ、腰から下げたり、タンスの中に入れて香りを楽しむものです。
タンスの中に入れる匂い袋は、その香りで虫から服を守ってくれるので防虫香ともいわれています。
お部屋に置いたり、鞄に入れたり、お好きな場面でお使いください ♪ 体験教室ではご自身で調香した香りで二つ匂い袋を作ります。

練香

練香(煉香)とは沈香をはじめとした粉末状の原料を、蜜や梅肉などで丸薬状に練り固めたお香の事です。【薫物(たきもの)】とも呼ばれ、源氏物語にも記されているように、平安時代には貴族がたしなみとして衣服にその香りを薫き染めました。一人一人が自分だけの香りを持ち、その香りもステータスのひとつだったといわれています。また、宮中の遊びや生活を通して洗練されていった香りは「六種の薫物(むくさのたきもの)」と呼ばれる6つのテーマに集約されていきました。香源の練香手作り体験ではその六種の薫物をイメージした調合をご用意しております。お好みのテーマをお選びください。

梅花(ばいか)…梅の花のような華やかな香り
荷葉(かよう)…蓮の花を思わせる涼やかな香り
菊花(きくか)…菊の花に似た香り
落葉(らくよう)…木の葉の散るあわれさを思わせる香り
侍従(じじゅう)…もののあわれさを思わせる香り

現代でも、茶道の席で薫かれるなど様々な場面で使われており、1000年を超える練香の歴史は脈々と伝えられております。ぜひ奥ゆかしい平安貴族の香りをお楽しみください♪

線香

線香の歴史は不明な点が多く定説がありません。記録をたどっていくと室町から安土桃山時代のころに、線香が贈答品として用いられていたという記録委が残っています。
当時の線香は中国から輸入されたもので竹芯香(ちくしんこう)と呼ばれ、細い竹ひごに線香生地を塗り固めたものでした。
今と同じような竹芯を使わない線香が作られたのは、18世紀前半の江戸時代中期からだとそれています。火をつけるだけで手軽に楽しめる線香は江戸時代に急速に広まりました。
日本での線香の始まり地については「堺説」と「淡路説」があり、現在でもお線香の生産地として代表的な地域となっています。
線香は香原料と椨粉(タブ粉)でできています。タブ粉は調合に使われるあらゆる香原料のつなぎ役として活躍します。タブ粉ではなく蜂蜜や梅酢をつなぎにすると平安時代に誕生した練香となります。

 

お好きな日時でお香づくりを体験いただけます

香源の手作りお香教室は、お一人さまから受講できます。また、当日思い立った場合でも、予約状況次第で当日受講が可能な場合がありますので、先ずはお気軽にご連絡ください!

場所 香源 銀座本店2Fスペース
コース 匂い袋・練香・線香からお選びください
料金 お一人様 3,000円(税別)お一人さまから受け付けています
時間 予約制(お電話・店頭・メールにて受付中)。お時間の目安は60分程度です
TEL 03-6853-8811 (10:17~19:17)